地元企業の、地元企業による、地域水道事業のための 公民連携モデルを構築します

箱根水道パートナーズ株式会社について

  • HOME »
  • 箱根水道パートナーズ株式会社について

箱根水道パートナーズ株式会社は、箱根地区水道事業包括委託を実施するために設立されたSPC※1です。
(※1)SPCとは、
特別目的会社(Special Purpose Company)。
本事業を実施するために民間事業者グループによって設立される事業目的を限定した商法上の株式会社。

運営理念

“地元企業の、地元企業による、地域水道事業のための公民連携モデルを構築します”

運営方針

hakone_spc1

運営理念実現のために集結した企業群

本事業を実施するために、各分野のエキスパート企業が集結しました。

●各分野のベストマッチング
当社の特長は、各構成企業・協力会社の強みのベストマッチングです。
地元総合企業であるJFEエンジニアリング株式会社が事業マネジメント能力や資本力を提供し、事業を総合的に管理し、当社のリスク対応力を高めます。
地元専門企業である株式会社デック及び神奈川県管工業事業協同組合は、地域特性等の知見及び地域基盤を提供し、地元に根ざした事業運営を実現します。
水関連企業である株式会社西原環境及びヴェオリア・ジェネッツ株式会社は水分野における豊富な実績に基づくお客さまサービスは運転維持管理等の業務ノウハウを提供し、業務水準を底上げします。

●神奈川県内企業を中心とした組成
当社は、神奈川県に本社を置く総合エンジニアリング会社(JFEエンジニアリング)と県企業庁の給水区域において過去60年にわたり地域水道サービスや災害対策を支えてきた構成企業(デック・神奈川管工事業協同組合)を基軸に組成された、神奈川県内企業を中心(県内に本社を持つ企業の出資比率合計80%)とした専門技術集団です。

hakone_spc


当社はこの体制により、水道(地域住民の生活と社会経済活動を支えるライフライン)の本分である地域の安全かつおいしい水の安定的な供給を維持し、さらに各社が持つ民間企業の経営手法も活用することにより、一致団結して本事業に取り組みます。
rinen2

 事業参加の動機と事業目的

本事業は、水道法第24条3に基づく技術的な業務委託だけではなく、事業運営管理業務までの水道事業の大部分が含まれており、技術業務と管理業務の横断的な連携による総合マネジメントを必要とする先進的な内容となっております。当社は地元神奈川県で与えられる本事業を自らの特長を活かせる絶好の機会と捉え、将来の水道事業運営への本格的な参入を目指し、本事業に望みます。

当社では、国内水道事業は地域とともにあり、地方公共団体及び民間企業、とりわけ地元企業の協力のもとで発展してきたこと、そして、これからもその構造は不変であると考えました。そこで、本事業の理念を『地元企業の、地元企業による、地域水道事業のための公民連携モデル構築』にあると定め、本事業を通じてこの理念を達成します。

具体的には、総合マネジメント力を有する地元総合企業を代表とし、地域に密着した地元専門企業に加え、全国展開を行っている水関連企業が手を組み、強みを共有し、地域水道事業の長期的な継続性維持地域経済の活性化への貢献を目指し、本事業のフィールドにて水道事業の総合的な運営ノウハウを習得するものです。

最近の断水情報

PAGETOP
Copyright © HAKONESUIDOU PARTNER'S All Rights Reserved.